除毛クリーム最高のおすすめ見つけました

除毛クリーム最高のおすすめ

面倒なムダ毛処理から解放されたい!って思いませんか?

 

ムダ毛の自己処理方法はいろいろとありますが、肌に塗るだけでスルリとムダ毛がなくなる除毛クリームを愛用している人も多いでしょう。

 

ムダ毛のセルフケアでは肌に負担をかけないことが最も大切なので、除毛クリームについても良く知ってから使いましょう。

 

このサイトでは、長年除毛に苦労してきた女子たちが、やっと見つけためちゃくちゃ簡単で、しっかり除毛できるおすすめの除毛剤を見つけたので、ご紹介したいと思います。

 

除毛に悩む女子たちのお役に少しでも立てたら嬉しいです。

 

 

このサイトでは、ランキングサイトの口コミサイトなどの情報に左右されず、私たちが実際に使って良かったたものだけをオススメとしてご紹介しています。



ジョーモ(JOOMO)、自宅で除毛が簡単、脚や背中なども短時間で一気に処理できる

JOOMO(ジョーモ)

ジョーモ(JOOMO)の特徴
  • 泡で除毛する新感覚の除毛スプレー
  • スプレータイプだから手が汚れない
  • 広範囲を一気に除毛処理することが可能
  • ミクロの泡が毛穴の奥から除毛
  • 独自製法によりスピード除毛を実現
  • 保湿成分で除毛後のお肌もしっとり
  • 1日あたり128円で圧倒的コスパ
  • 医薬部外品です
価格
2,985
評価
評価5
備考
上記のお値段は3本セット購入時に適用される最安値のお値段です。
ジョーモ(JOOMO)の総評

簡単なのに短時間でしっかり除毛します

独自製法で、短時間の除毛が可能になりました

毛が多い方でもかき出すようにしっかり除毛

ジョーモ(JOOMO)はミクロの泡が毛穴の奥まで浸透し、ムダ毛をかき出します。

泡だから除毛ムラできません、剃り残しなし

泡だから、ムダ毛を処理したい部分に均一に塗れます。処理の甘い部分ができません。

男性が意外と見ている細かい毛も残さず除毛

ジョーモ(JOOMO)は小さい毛もしっかり除毛。手の指毛、足の指毛、うなじもしっかり除毛します。

出先でのちょい除毛にも便利

あれ、今日ワキ大丈夫?そんな時のちょい除毛にジョーモ(JOOMO)は便利です。

毛のないきれいなお肌をキープできます

ジョーモ(JOOMO)で除毛すれば、黒い毛穴のポツポツは目立ちません。見せたくなるお肌を実感して下さい。

 

 

ジョーモ(JOOMO)は、楽天やアマゾンでは販売されていません。公式サイトのみで販売されています。複数本セットで買えば、とてもお得です。お試し1本でも十分効果は実感できます。また、ジョーモ(JOOMO)はメンズも使用可能です。公式サイトで詳細をチェックして見て下さい。


そもそも除毛クリームって何?

除毛クリームって何?

ドラッグストアなどに行けばいろんな種類の除毛クリームが並んでいますが、そもそも除毛クリームとはどんなものなの?

 

髪の毛やムダ毛などの体毛はケラチンと呼ばれるたんぱく質から出来ています。除毛クリームには、たんぱく質を分解する働きがあるアルカリ性の成分が配合されているので、ムダ毛が気になる部位に塗るだけで肌表面のムダ毛を溶かすことができます。

 

除毛クリームを肌に塗って、しばらくそのまま放置してからクリームを拭き取れば、クリームと一緒に肌表面のムダ毛もキレイに取り除かれます。

 

肌に塗り拭き取るだけの手軽さでツルツルすべすべの肌になれるのが除毛クリームの魅力ですが、あくまでも除去出来るのは肌表面に出ているムダ毛だけです。

 

毛根まで引き抜く毛抜きやワックスなどとは違って、除毛クリームの場合は毛穴の中にある毛はそのまま残っているので、定期的なお手入れが必要です。

 

また除毛クリームに配合されたアルカリ性の成分は、ムダ毛だけでなく少なからず肌にダメージを与える成分なので、敏感肌など肌の弱い人には不向きでしょう。

 

手軽さが魅力の除毛クリームですが、メリットと同時にデメリットもあるので、どちらも理解して正しく使うことが大切です。

 

 

カミソリや毛抜き、ブラジリアンワックス、脱毛石鹸など、お家での自己除毛にはいろいろな方法があります。色々な方法がある中で、手軽さと処理後の美しさ、満足で言えば除毛クリームが一番です。



除毛クリームと脱毛クリームって何が違うの?

除毛と脱毛の違いは?

ドラッグストアやネット通販などで手軽に購入出来る除毛クリームですが、探していると脱毛クリームを目にすることもあるでしょう。何が違うの?効果に違いがあるの?と疑問に思ったことがある人も多いはずです。

 

実は除毛クリームも脱毛クリームも名前が違うだけで、実は中身は同じです。しかし脱毛と除毛の2つの言葉は、違う意味があります。除毛と、脱毛の違いを簡単にまとめました。

 

脱毛と除毛の違いって?

脱毛は、毛を毛根から取り除くことを意味します。

 

市販されている脱毛クリームは、脱毛と付いているので毛根から除去できるクリームのように感じてしまいますが、実際には除毛クリームと働きは同じです。

 

本来の脱毛の意味は、毛を毛根から取り除くことなので、家庭で行う自己処理なら毛抜きやワックスで可能です。

 

毛根からムダ毛を取り除く脱毛は、肌表面に出ている毛を溶かして処理する除毛よりも毛が生えるまでの期間が長く持続するのがメリットです。

 

しかし毛抜きを使って毛を抜く方法では、毛穴が開いてしまったり肌が炎症を起こし色素沈着を起こすなどの肌トラブルのリスクも高くなります。

 

サロンで行われている光脱毛やクリニックで行われているレーザー脱毛も、熱によって毛根を破壊してムダ毛を処理する方法なので脱毛になります。

 

最近は自宅でも光脱毛が手軽にできる家庭用脱毛器も増えています。毛抜きやカミソリよりも効率よく、より安全に脱毛が出来るでしょう。

 

肌表面に出ている毛を取り除くのが除毛です。除毛クリームや脱毛クリームといった除毛剤を使ったり、シェーバーやカミソリでのお手入れも除毛になります。

 

毛根から引き抜くのが脱毛で、肌表面に出ている毛を除去するのが除毛です。

 

しかし除毛クリームと脱毛クリームは同じもので、脱毛クリームでも肌の表面の毛だけにしか作用しないのです。

 

除毛クリームの仕組みと効果

アルカリ性の成分で、肌表面の毛を溶かして除毛するのが除毛クリームです。

 

体毛の主成分はケラチンというたんぱく質で、これを溶かす作用があるチオグリコール酸カルシウムと言われるアルカリ性の成分が除毛クリームに入っています。

 

除毛クリームにもさまざまな種類があります。

 

チオグリコール酸カルシウムだけでなく、アルカリ成分の水酸化カルシウムなどもプラスして、その働きを高めている商品もあります。

 

そのような除毛クリームだと効果も高くなりますが、あくまでも肌表面に出ている毛を溶かす商品です。

 

除毛効果の持続時間は3日から長くても1週間程度でしょう。しかし、同じく除毛効果のあるカミソリやシェーバーで剃る方法よりも除毛クリームの方が持ちは良いです。

 

カミソリやシェーバーだと次に生えてくるまでの時間がさらに短くなるので、翌日には毛が生えていることも珍しいことではりません。

 

除毛クリームをVIOのようなデリケートゾーンに使っても大丈夫?

除毛クリームはデリケートゾーンの除毛に使ってもいいの?
カミソリやシェーバーのような刃でカットする自己処理方法だと、やはり肌を傷つけるリスクがあるのでVIOなどのデリケートゾーンをお手入れするのは不安です。

 

しかし塗って拭き取るだけの除毛クリームなら、安心して使えそうです。

 

ただ、除毛クリームでもリスクはあります。

 

含まれているチオグリコール酸カルシウムは、皮膚のたんぱく質にも作用します。

 

比較的、肌が丈夫な足や腕でも使用中にヒリヒリしたりと肌トラブルを起こすこともあります。

 

ですから皮膚が薄くて刺激にも弱いデリケートゾーンに除毛クリームを塗ると、ヒリヒリと赤くなったり痒くなったりと肌トラブルのリスクも挙げられます。

 

基本的に普通の除毛クリームをデリケートゾーンのムダ毛処理に使うのはNGですが、最近はデリケートゾーンにも使える低刺激の除毛クリームもたくさんあります。

 

それらを使えば肌トラブルのリスクも少なくなりますが、やはりデリケートな部分なので粘膜に付着しないようにするなど十分に注意しながら使いましょう。


除毛・脱毛クリームを使うメリットとデメリット

除毛クリームを使うメリットとデメリット

除毛・脱毛クリームどちらにもメリット、デメリットがあります。

 

理解した上で、賢く安全に除毛・脱毛することが大切でしょう。

 

メリットは?

除毛クリームや脱毛クリームのメリットはなんと言ってもその手軽さでしょう。

 

ムダ毛が気になるところにクリームを塗ってそのまま数分間放置して、あとはキレイにふき取り洗い流せばツルツル肌になっています。

 

他にもカミソリやシェーバーにはないメリットがたくさんあります。

 

毛先がチクチクしないのでツルツルお肌んになれる

除毛クリームだと刃でカットするカミソリやシェーバーのように、生えてきた毛で肌がチクチクしない、黒ポツポツが目立たない、というメリットがあります。

 

体毛というのは毛先になるほど細くなっていますが、これを途中でカットすれば断面が太くなると同時に尖ってしまいます。

 

また通常であればしなやかに曲がる毛も、短くなるのでまっすぐに曲がらなくなります。これによって、毛先がチクチクと肌に刺さるようになるのです。

 

カットした毛の断面はどうしても丸くならずチクチクするのですが、毛の太い部分ほどよりチクチクしやすくなります。

 

しかし除毛クリームなら毛を溶かす方法なので、毛先も滑らかな状態で残っています。カミソリやシェーバーで剃毛した時のような不快なチクチクが少ないでしょう。除毛クリームは、毛穴の黒いブツブツや黒ずみに悩む女性に支持されています。

 

処理後に毛が太くならない

カミソリでムダ毛を剃ると毛が太くなる、濃くなるという噂を聞いたことがある人も多いでしょう。

 

これも先ほどのチクチクと同様に、毛を途中でカットすることが原因です。

 

体毛は根元になるほど太いので、カミソリで剃った断面は太くなりムダ毛が濃くなったように感じます。

 

実際に、毛そのものが太くなったわけではないのですが、見た目は太くなったように見えてしまうのです。

 

毛を溶かして処理する除毛クリームなら、断面がカットされることもないので処理後の毛が太く見えてしまうのも防げます。さらに、埋没毛の心配もなく、除毛クリームによって毛のない美しいお肌を実現できます。

 

お手入れの回数が減る

持続時間は3日から1週間程度と短いですが、より肌への負担がかかるカミソリや毛抜きによるお手入れの回数が減ることもメリットでしょう。

 

また使い続けることで、処理の回数が少なくなる除毛クリームもあります。

 

抑毛効果のある大豆エキスなどが配合された除毛クリームや脱毛クリームを利用すれば、次に生えるまでの期間が徐々に長くなったり毛が細くなると言われています。

 

そうなればお手入れ回数も徐々に減るので、肌への負担も軽減できるでしょう。抑毛成分が配合された抑毛ローションもあるので、除毛クリームや脱毛クリームと併用するのもおすすめです。

 

うなじや背中の除毛が簡単にできる

除毛クリームは、カミソリを使うのは心配な部位のお手入れにも最適です。

 

うなじも背中も、鏡を使っても自分で確認しながらお手入れするのは難しい場所で、そんなところをカミソリやシェーバーを使って処理をするのは危険です。

 

カミソリやシェーバーなどを使う時には、刃と肌から目を離さないことが基本です。

 

除毛クリームなら、丁寧にうなじや背中にクリームを塗るだけなので簡単ですし、皮膚を傷つけてしまうリスクもありません。

 

うなじのお手入れでは髪がかからないように注意して、背中も専用のヘラなどを使って丁寧に塗っていきましょう。産毛のないキレイなうなじや背中になれば、髪をアップにした時や背中が開いた洋服や水着を着る時にも自信が持てますね。

 

毛の成長が遅くなる?

一般に除毛剤を使い続けると、毛が細くなる、毛の成長が遅くなる。もしくは毛が生えなくなってくると言われます。これには個人差があり、毛の成長が遅くなる方もいるようです。ただし、除毛剤の多くには、毛の成長を止めるような抑毛成分は入っていません。

 

除毛剤と抑毛剤は違います。毛の成長を抑制する働きをする主成分となるのはイソフラボンなど女性ホルモンと似た働きをする成分で、ムダ毛を細く目立たなくしてくれます。

 

ですから、除毛剤を使い続けると、毛の成長が遅くなるのは個人の主観、つまり「気のせい」による部分が大きそうです。

 

デメリットはあるの?

メリットのたくさんある除毛クリームや脱毛クリームですが、デメリットもあるのできちんと理解しておきましょう。

 

肌が弱い方には不向きです

除毛クリームは肌の弱い方にはおすすめできません
除毛クリームに配合された毛を溶かす成分であるチオグリコール酸カルシウムは、肌にも刺激を与えます。

 

ケラチンというたんぱく質を溶かす作用があるので、同じたんぱく質で出来た肌にも影響が出るのは避けられないでしょう。

 

さらに除毛クリームの中には、チオグリコール酸カルシウムの働きを強めるために水酸化カリウムなどのアルカリ性の薬剤も入っているので、これも肌への刺激となります。

 

人間の皮膚の30%はたんぱく質で出来ているので、これらの成分が何かしら肌にも悪影響を及ぼすのは間違いないでしょう。

 

比較的肌が健康な丈夫な人であれば、そこまで刺激を感じないかも知れませんが、敏感肌で肌が弱い人などは、炎症を起こしヒリヒリするなど肌トラブルを起こすリスクも高くなります。

 

肌が弱い人でも使える敏感肌専用の除毛クリームもありますが、やはり使用前にパッチテストをして、肌に異常がないか確認しながら使うことが大切です。

 

除毛製品で永久脱毛はできません。除毛は一時的です

肌に塗るだけでツルツル肌になれる除毛クリームですが、この効果はあくまでも一時的です。

 

もちろん除毛クリームには永久脱毛は期待出来ず、定期的に継続的な自己処理が必要になってきます。

 

永久脱毛できるのは、一部のエステサロンで行われているニードル脱毛だけとされています。

 

いくら簡単でも除毛クリームでツルツル肌になるのは一時的です。除毛してから1週間から2週間もすればまた生えてくるのでこまめなお手入れが必要です。

 

少なからず肌へのダメージがある除毛クリームですから、健康な肌の人でも度重なるお手入れで肌トラブルが起こりやすくなる可能性もあります。


除毛クリームを選ぶコツ、男性に好かれる肌になるために

除毛してモテ肌になろう

肌ダメージなどのデメリットもある除毛クリームですが、やはりクリニックやエステサロンの脱毛のように時間も費用もかからないため、魅力的です。

 

除毛クリームを選ぶ時にはいくつかのコツがあります。

 

まずは成分を確認して肌質に合うものを選ぶ

やはり除毛クリームを使う時に心配なのが肌ダメージです。

 

いろんな種類の除毛クリームがあり配合された成分もそれぞれ違うので、どんな成分が配合されているのか確認して、肌質に合ったものを選ぶことが大切です。

 

大切な肌に使うものなので、やはり低刺激なものを選ぶのがおすすめです。

 

敏感肌でも使いやすい低刺激にこだわった除毛クリームもあるので、肌が弱い人や肌ダメージが心配な人はそのような商品を選ぶようにしましょう。

 

またお手入れ後の肌の炎症などのトラブルを防ぐために、抗炎症成分や乾燥から肌を守る保湿成分などが含まれている除毛クリームもあります。

 

抗炎症成分や保湿成分も含まれたものなら、肌荒れのリスクも軽減できるでしょう。

 

敏感肌向けの除毛クリームには、除毛しながらも肌荒れを起こさないためにこれらの成分もたっぷりと配合されています。

 

除毛(脱毛)力

除毛クリームですから、除毛力にもこだわりたいですね。

 

剛毛の人や男性なら、肌への優しさよりも除毛力が高めのものを選びたいという人もいるでしょう。

 

除毛力がいま一つで、クリームを拭き取ったらまだらに毛が残るようでは困ります。

 

ただし除毛力が高いということはそれだけ毛を溶かす作用が強いということですから、当然ながら肌への刺激も強くなります。

 

除毛力と肌への刺激の強さは正比例するので、除毛力の高いクリームを使うならアフターケアもきちんと行いましょう。

 

保湿力

除毛した後の肌は乾燥しがちになるため、デリケートな状態になっています。

 

除毛クリームでお手入れした後にはローションや乳液などの手持ちのスキンケア化粧品でしっかりと保湿ケアをすることが大切ですが、除毛クリーム自体に保湿成分が配合されたものならなお安心です。

 

先ほども紹介したように、敏感肌用の除毛クリームには肌をいたわる保湿成分や美容成分が配合されたものがあります。

 

男性用の除毛クリームなどには保湿成分が入っていないことも多いので、お手入れ後にはしっかりと保湿して肌をいたわってあげることが大切です。

 

もちろん保湿力のある除毛クリームでも、クリームを洗い流した後にはきちんと保湿ケアを行いましょう。

 

値段、コスパ

除毛剤を選ぶにはコスパも大事
除毛クリームを選ぶ時には、値段やコスパも確かめて選ぶことも大切です。

 

脇だけなら少量で済みますが、腕や足などいろんな部位を除毛するなら思っている以上に早くなくなってしまうものです。

 

スキンケアで使うクリームとは違って、毛が隠れるほどにたっぷりと使いますので、減りやすいと思った方がいいです。ですから、続けやすいお値段なのかどうかもチェックしましょう。

 

美容や保湿成分がたっぷり入っていればそれだけ値段も高めですが、安いものは刺激が強く肌ダメージが心配です。

 

値段と内容のバランスを見て、無理なく続けられるものを選びましょう。

 

定期的に除毛クリームでお手入れするなら値段もしっかりチェックして、ネットで購入する場合には容量もきちんと確認してから選びましょう。

 

ネット通販には毎回割引価格になり初回返金保証制度のある定期コースもあるので、通販サイトの定期コースを利用するのもおすすめです。

 

ムダ毛の量や質

ムダ毛の硬さや太さは個人差も大きく、部位によってもかなり違います。

 

肌への優しさを重視した除毛クリームだと、思うように除毛出来ないこともあるでしょう。

 

脇や腕、足のムダ毛は比較的濃くて太いので、除毛力が高めのクリームでないと十分に除毛出来ないかもしれません。

 

ムダ毛の量や質によっても選ぶ商品が違ってきます。

 

毛が少なく細い毛なら低刺激で除毛力の低い除毛クリームでも良いですが、濃くて太い毛には除毛力が高めのクリームがおすすめです。

 

しかし除毛力が高いほどに肌への負担も大きくなることも知っておきましょう。

 

またムダ毛が濃い人は、抑毛ローションを併用するのもおすすめです。

 

どこの部位に使いたいか

どの部位を除毛するかも大事
毛の濃さや太さ、部位に応じた除毛クリームを使い分けることも大切なことです。

 

同じ人でも部位によって毛の量や質も違うので、部位ごとに除毛クリームを使い分けるのもおすすめです。

 

脇だけ強力な除毛クリームを使って、その他は敏感肌用の低刺激のクリームを利用するなど、部位に合わせて商品を選ぶのも上手に利用するコツです。

 

VIOラインや顔などのデリケートゾーンには、必ず「使用可能」なものを

Vラインや顔などは除毛力よりも肌への優しさを重視しましょう。

 

皮膚が薄くてデリケートなVラインや顔に使う場合は、必ず使用可能な商品なのかをチェックして下さい。

 

デリケートゾーンや顔対応の除毛クリームは必ずそのように記載されています。ボディ専用の除毛商品を使わないようにしましょう。

 

ただ、ビキニラインも使用できる除毛・脱毛クリームはほとんどありません。

 

除毛効果の持続時間

せっかく除毛クリームで除毛するなら、少しでも効果が続くものを選びたいものです。

 

しかし、効果の持続時間については商品ごとにそれほど大きな差はありません。

 

それよりも、毛質や部位によって持続時間が大きく違ってきます。

 

産毛などの柔らかいムダ毛なら1週間以上はお手入れいらずの肌がキープ出来ますが、脇や腕、足のムダ毛は持続時間も短めで、3日ほどで生えてくる人も多いでしょう。

 

除毛クリームの持続時間を少しでも長くするなら、除毛クリームの放置時間を守ることが大切です。

 

短ければ効果が下がりますが、そうかといって長く置けば良いというものではなくて今度は肌への刺激が強くなります。

 

決められた放置時間を守り、さらに抑毛ローションも併用することで毛の生えるスピードも遅く出来るでしょう。

 

香りも大事です

除毛クリームは香りも大事
除毛クリームには特有の鼻につくツンとしたニオイがあるので、これが苦手という人も多いでしょう。

 

毎回不快なニオイで嫌な思いをしながらお手入れするのは苦痛です。アロマなどの心地よい香りがついた商品を選ぶのがおすすめです。

 

ツンとしたニオイが軽減された商品も多くあるので、気になる人は香りにもこだわってみましょう。

 

人気や口コミは?

もし、何を選んでいいか迷ったら、人気商品を選ぶのもいいですよ。その場合は、ドラッグストアの人気商品より、通販サイトの人気商品の方がいいでしょう。ドラッグストアの場合、お店側の「売りたい商品」が「今売れています」と紹介されている場合があるからです。

 

成分や価格などを比較しながら自分の肌に合いそうなものを慎重に選びましょう。


除毛クリームの注意点と使い方のコツを調べました

除毛クリームの注意点と使い方のコツ

除毛クリームを使ってムダ毛を処理する際の注意点と効果を高めるコツを紹介します。

 

安全に除毛効果を高めるためには、コツもあるので知っておきましょう。チェックしておきたいポイントをまとめたので、以下を参考にしてみてください

 

毛穴を開かせる

少なからず肌への負担がかかる除毛クリームですが、事前に毛穴を開かせておくことで肌への負担を軽減出来ます。

 

お風呂上りに除毛するのが最適ですが、蒸しタオルを肌に当てて毛穴を開かせてから行うのもおすすめです。

 

根本から、毛を覆うように均一に塗布

除毛クリームの塗り方も大切です。毛を溶かす有効成分が入っていますが、丁寧に根元から毛を覆うようにたっぷりと均一に塗ることが大切です。

 

適当にまだらに塗ったり、ケチって塗れば除毛効果も落ちてしまいます。

 

円を描くように優しく拭き取る

除毛クリームを塗って指定された時間放置したら、ティッシュや専用のヘラで円を描くようにして優しく拭き取ります。

 

ここで強く擦りながら落とすのはNGです。

 

有効成分の刺激で弱った肌にさらに刺激を加えることになるので、優しく丁寧に拭き取るようにしましょう。

 

用法を守って正しく使うことが第一

除毛クリームの容量と用法は守ってね
商品ごとに放置時間は違うので、これを守って正しく使うことが何より大切です。

 

放置する時間やそのほかにも商品ごとに細かい使い方が記載されているので、これを事前にきちんと読んで正しく使うことも大切です。

 

そうすることで肌にも安全で、除毛効果も引き出すことが出来るでしょう。

 

特に、薬剤の塗布時間は守りましょう。多くの除毛製品は5〜10分と書かれているはずです。除毛剤は、お肌に長く放置したからと言って、多く毛が抜けるものではありません。

 

使用後はしっかり保湿して

使用後には保湿ケアを必ず行うことも大切です。

 

除毛クリームの刺激で乾燥しやすくデリケートな状態になった肌に、ローションやクリームでたっぷり保湿して上げることで肌トラブルを防ぐことが出来ます。

 

妊娠中、生理中、産後は除毛していいの?

ホルモンバランスが乱れ肌トラブルも起こりやすい妊娠中や生理中には、除毛クリームを使ったお手入れは控えた方が良いでしょう。

 

産後も育児に追われて除毛どころでありません。除毛はある程度育児が落ち着いて、ママの身体も安定してから利用するのがおすすめです。

 

中学生、高校生は使ってもいいの?

中学生や高校生は除毛してもいいの?
成長期である中学生や高校生でも除毛クリームは使えます。

 

カミソリなどによる肌ダメージも少ない除毛クリームは、高額な脱毛サロンには通えない中学生や高校生のムダ毛のお手入れには最適なアイテムでしょう。

 

ただし肌ダメージは少なからずあるので、植物成分が一緒に含まれている出来るだけ低刺激のものや保湿成分がしっかり入った除毛クリームを選ぶのがおすすめです。例えば、ヒアルロン酸やアロエエキスが配合されていれば、保湿効果も高く、肌のうるおいを保ち乾燥を防いでくれます。

 

コストの面から考えるなら、全身に使える除毛クリームなどがいいでしょう。

 

重要なのは、使用中に少しでも赤み痛みかゆみなどの異変を感じたらすぐに除毛を中止することです。


根本的にムダ毛を減らすコツは?

ムダ毛を減らす方法あります

誰でも手軽にムダ毛のお手入れが出来る抑毛クリームですが、根本的にムダ毛を減らすことは出来ません。

 

ですが、根本的にムダ毛を抑制していく方法はいくつかあります。

 

  • 脱毛サロンの光脱毛
  • クリニックのレーザー脱毛
  • 一部のサロンで行われるニードル脱毛
  • 家庭用の脱毛器

 

ムダ毛が濃くてお手入れも大変という人は、度重なる除毛クリームのお手入れで肌への負担も大きくなるでしょう。

 

毛根そのものを破壊していく光脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛なら、ムダ毛そのものを減らしていくことが出来ます。

 

完全にツルツルには出来なくても、ある程度までサロンやクリニックで脱毛するだけでも毎日のお手入れもかなりラクになり肌への負担も減らせるでしょう。

 

ドラッグストアなどで手軽に購入でき使い方も簡単な除毛クリームですが、効果は一時的なもので肌ダメージもあります。

 

除毛クリームはサロンに行く手間もお金も節約できて手軽さが一番の魅力ですが、デメリットも理解して正しく安全に利用しましょう。

 

もし、お気に入りの除毛製品がまだ見つからないなら、アットコスメや楽天、アマゾンなどの口コミを参考におすすめの除毛クリームを選ぶのもいいでしょう。

 

 

除毛クリームは、脱毛と違いまた毛が生えてくるので、定期的にムダ毛処理が必要です。でも、自分に合った除毛クリームを選べばお手入れ簡単、コスパ良し、見た目良し、と最強の脱毛アイテムと言っていいでしょう。ムダ毛を無くす事で好印象を持たれる確率もグッとあがります。